グーグルアドセンスの申請方法【2018年12月 最新版】

グーグルアドセンスの申請方法【2018年12月 最新版】

最近のGoogleアドセンスの審査は過去の審査と異なります。

登録前に準備をしましょう!

グーグルアドセンスの事前準備に関する記事

まず、今までの審査との変更点をチェック!

以前の審査の流れ

ネットで「グーグルアドセンス」と検索し、申し込みを行う。

①一次審査

②一次審査に合格後にグーグルアドセンスのコードをサイトに貼り付ける。

③二次審査

④合格発表

一度審査に落ちた後、再申請する場合、2週間ぐらい間を置いた方が良いとされていました。

現在の審査の流れ

①申し込み後、グーグルアドセンスのコードをサイトに貼り付ける。

②合格発表です。

びび
だいぶ短縮されたわね。コード貼り付ける画面が出てきてもぬか喜びしちゃだめよ。

一度審査に落ちたとしても、どこがダメか指摘されるので、指摘されたダメなところを修正した後、グーグルアドセンスのサイトで修正完了したことを伝えて、再申請完了です。

すぐに再申請せずに、一から仕切り直す方法もあるようです。

具体的な審査の手続きの流れ

具体的な審査の流れ

インターネットで「グーグルアドセンス」を検索する。

お申し込みはこちらをクリック

必要事項を入力する

お客様のコードをコピーして登録したいサイトの<head> ~ </head>の前に貼り付けます。

へ?headってどこ?

はい、びびもそんな感じでした。

headの位置を紹介する前に、貼り付ける方法が2つありますので紹介しておきます。

※いずれもワードプレスのストークを使っている場合の方法です。

参考

びびブログのデザイン ストーク
WordPressテーマ「ストーク」

使った感想

・初回のみ10,800円必要ですが、見やすく、使い勝手が良いです。

・使っている人が多いので、使い方やカスタマイズ方法が調べやすいです!

・スマホでサイトを見ている人の方が多いので、スマホで見やすいストークを選びました。

 

①テーマファイルを編集して直接貼り付ける方法【おすすめしません!!!】

ホームページに詳しい人なら良いですが、間違えると、サイトが壊れる可能性があります。びびは、詳しくないのでこの方法は、割愛します。

※もし、①の方法を選択する場合は、サイトが壊れても良いようにバックアップを取った上で、子テーマに貼り付けましょうね。headの下に貼り付けるようです。おすすめは、②の方法です。

②外観→カスタマイズ→カスタムコード→アクセス解析コードに貼り付け【おすすめ】

貼り付け、完了登録後、審査結果を待つだけです。

HTMLのコード<head>に上手く貼り付けられないときに何度も申請しては、いけません。ある一定の回数を超えると24時間後まで、審査を受け付けてもらえなくなります。

なぜ知っているかって?それは、コードを上手く貼り付けられずに何度もボタンを押したからですよ(笑)

上手く貼り付けができないときは、冷静にもう一度最初からやり直すか、headに貼り付け後、時間を置いてから完了の登録をすると良いかもしれません。

 

この画面が出れば、審査の登録は、完了です。

審査結果は、gmailか、グーグルアドセンスのサイトで確認できます。

 

余談

グーグルアドセンスの審査の抜け道!?審査用ブログは意味がない?

グーグルアドセンス系の審査に合格するためにネット検索をすると、審査用のブログを作ると良いというような記事が多く出てきます。

 

審査用のブログとは、本命のブログとは別に、無難なブログを立ち上げて、無難な内容を書くという、対グーグルアドセンスの審査のために作るブログを作ることです。

今までは、一つのサイトの審査が通れば、他のブログにもグーグルアドセンスの広告を貼り付けが可能だったため、この手法がよく用いられました。

ところが最近合格した人のツイッターを見ると、審査用のブログで審査に通過しても、本命のブログも審査を受けなくてはならないというようなことが書いてありました。

 

調べてみたところ、どうやら2018年10月から、グーグルアドセンスの仕様が変更になったようで、新しいブログを追加するときも、サイトごとに審査を受けなければならないみたいです。

ただし、2018年10月より前に承認を受けている場合は、新たにブログ追加しても審査がないらしいです。

びび
今のところはね…(2018年12月の記事執筆時点)

 

審査期間はどれぐらいかかる?

審査は1日で終わると記載されていますが、実際はもっとかかる場合があるようです。

びびの場合も、4日間ほど、審査結果がくるまでに時間がかかりました。

 

審査結果については、次回以降の記事で書きますね。

 

 

おすすめ記事

 

大手ハウスメーカーの見積書や間取りを無料でもらう

びび
見積書や間取りが無料でもらえるなんて魅力的ね!

↓ブログ共有ボタンはこちら↓

 

びび
また このブログが見たくなったら「びび 住友林業」で検索してね♪

コメントを残す