高気密高断熱の家でストーブを使ってはいけない理由

高気密高断熱性の家でストーブを使ってはいけない理由

冬と言えば、ストーブで暖まるご家庭が多いと思います。

ところが…

こんな恐ろしい噂を聞いたことは、ありませんでしょうか?

高気密高断の家では、ストーブを使ってはいけない。

 

へ?ストーブを使わないでどうやって冬を乗り切るの?

そう思ったあなたの疑問を解決しましょう。

今回は、びびが問題提起をして、びびが解決方法を提示していくスタイルの記事です!

中途半端にこの記事を読むと誤解を与えてしまいますので、最後まで読むことをオススメします。

 

高気密高気密の家でストーブを使っては、いけない理由

まず、なぜ、高気密高断熱の家でストーブを使っては、いけないのか。

高気密高断熱の家は、言ってみれば家の隙間が少ない家です。

通常、従来のお家では、それほど気密性が高くないので、ストーブを使っても家の隙間から空気が入ってくるので、たまに換気すればOKなのですが、気密性が高いお家では、隙間が少なくストーブの使用が御法度なんだそうです。

高気密高気密の家でストーブを使ってはいけない理由

新しく建てる家は、24時間換気が義務付けられているのですが、24時間の換気で考えられている以上の空気をストーブの燃焼で使ってしまうと空気が少なくなってしまい危険なんだとか。

それとストーブを燃焼したときに発生するときに有害物質が発生するという危険性もあるそうです。

 

では、これらの問題をクリアする暖房器具をご紹介します。

 

気密性が高い家で使える暖房器具

FF式ストーブ

FF式ストーブとは、言ってみれば、エアコン排気のストーブ版という感じです。

エアコンのようにストーブの排気を家の外とつなぐことで、家の中の空気を使わないで済むというシロモノです。

以前、FF式ストーブの事故があったことが影響しているのか、電機メーカーは撤退気味のようです。

FF式ストーブを選ぶとすればコロナ製のものが良さそうです。

 

FF式ガスファンヒーター

名前のとおり、灯油の代わりにガスで動くヒーターです。

ガスを燃焼するため、比較的すぐに暖まるのだとか。FF式にして、本体と室外をつなげば、室内の空気を使わないで済みます。

ガスファンヒーターの欠点としては、ガスを燃やすだけあって、なんだか危なそうということでしょうか。

 

オイルヒーター

本体の中にあるオイルを電気であたため、部屋全体を暖める仕組みの暖房器具です。室内の空気は使わないそうです。

欠点としては、暖まるまで時間がかかることと、本体自体が熱くなるため、子供がいる家庭では注意が必要なことです。電気代が結構かかるらしいです。

 

ハロゲンヒーター(温風機)

扇風機の暖かい版と言えば、伝わりやすいでしょうか。

実家にこれがあったのですが、すぐに暖かくなる反面、いつまで経っても全く暖まった感じはしなかったです。電気代も高いっぽいです。

 

びびが選んだ選択は?

さぁ、あなたはどの暖房器具を選びますか

ちなみにびび宅は住友林業で建設中ですが、普通のストーブにすることにしました←

ここまでの記事、意味なし(笑)

 

住友林業もそこそこ高気密高断熱ですが、24時間換気の種類が「強制排気の自然吸気」なので普通にストーブを使っても問題ないらしいです。

使う予定がある人は、設計士さんや生産管理さん、アフターさん(住友林業ホームテック)に相談してみると良いと思います。

ただし、高気密高断熱の家でストーブを使うのは御法度的な意見も多いので使うなら自己責任でお願いします。

強制排気の自然吸気とは?

機械で強制的に家の中の空気を排気をする→空気が排気されると自然に空気が入ってくる仕組みだそうです。

これなら、室内でストーブを使ったとしても、自然に空気が入ってくるので問題ないっぽいです。

もちろん、通常必要な換気は必要ですよ!

 

気密性No.1の一条工務店の場合

一条工務店の場合は通常、ロスガード90という換気のシステムを採用するようですが、これは機械で計画的に吸気と排気の両方を行う換気です。

計画的に換気を行うことで、家の中の暖まった排気する空気の熱を無駄にせず、吸気する空気を暖めることができるようですが、ストーブ使用の観点からみれば、マイナスに働きます。

計画的に空気を換気するシステムで計画以上に空気を使ってしまうストーブは天敵というわけです。

そもそも、一条工務店で採用されることが多い、床暖房とストーブの相性自体が良くないので、一条工務店で建てる人からすれば、ストーブ問題はあまり気にならないのかもしれませんが…

気密性が高いところで注文住宅を検討中の方は、ストーブ問題について、営業さんや設計士さん等に相談してみてくださいねー。

おすすめ関連記事

一条工務店をやめた理由【追記あり】

↓ブログ共有ボタンはこちら↓

コメントを残す