【2019年版】住友林業のアフターメンテナンス費用は高い?信用して大丈夫?

 

 

びび

ハロー!びび@bibi_koukai0よ!

「びびブログ」へようこそ!

良ければおすすめ記事を見ていってねー

 

 

疑り深い性格のびびが「住友林業のアフターメンテナンス費用は高いのか」「信用して大丈夫なのか」知っている限りの情報をお伝えします。
 
あくまで私の認識を書き綴った記事です。今回の記事の情報が必ずしも正しいとは限らないので、鵜呑みにせず、自分で確認して判断することをおすすめします。
びび
今回の記事は、住友林業の「アフターメンテナンス」についてお送りするわよ!
 

住友林業のアフターメンテナンス費用は高い?信用して大丈夫?

アフターメンテナンスに関する事前情報

アフターメンテナンスに関わる我が家のスペック
●構造 平屋 26坪 BF(ビッグフレーム)
●商品名 GRAND LIFE
●長期優良住宅 認定あり
●屋根 LS30素材のスレート屋根
●外壁 LS30素材のサイディング
●タームガード(白アリ対策) あり
住友林業 GRAND LIFEのカタログ 
P25より
LS30素材とは

30年間の性能を保証してくれる素材です。

びび宅では採用していませんが、60年保証のLS60素材も存在するようです。

 
タームガードシステムとは

家を建てる際にあらかじめ埋設した白アリ対策用の薬剤処理用のパイプのことです。

10年ごとに薬剤を注入口から入れるだけでなので、白アリ対策が容易になります。
 
びび
やっぱり、木造住宅の怖いところは白アリよね!タームガードを付ければ、よっぽど、白アリ対策は、バッチリだと思うわ。
つっこみ君
確かに、長く住もうとするなら、木造住宅の白アリ対策は避けて通れない道だね。
 

住友林業のアフターメンテナンスの概要

びび
まずは、住友林業のアフターメンテナンスの概要をまとめてみたわ!

住友林業の初期保証期間

長期優良住宅の認定を受けた場合 30年間保証

※メンテナンスが必要

※30年目に大メンテナンスをすれば延長あり

 

住友林業の無料点検

3ヶ月目、1年目、2年目、5年目、10年目、15年目、20年目、※25年目…計8回
※長期優良住宅の認定を受けていない場合は、25年目の無料点検はなし。
 

住友林業の有料点検

30年目、40年目、50年目、60年目…計4回
ちなみに住友林業の公式ホームページによれば、60年目以降も相談に応じてメンテナンス計画を提案してもらうことは可能だとのこと。 
 
 
 

住友林業30年保証の内容

主要な構造部分

構造躯体(基礎、梁、土台、外壁下地、床パネル、屋根パネル等)
・構造強度に大きな影響を及ぼす著しい破変形および破損
・5/1000以上の不同沈下
 
防水(屋根、外壁等)
・屋内への雨漏り
・雨水侵入による屋内仕上げ面の汚損および構造躯体もしくは部材の著しい損傷
 
 

30年保証は、どんなとき保証してもらえる?

家が大きく傾いたときや、雨漏りしたときや、壁に穴があいた時なんかに保証してもらえるみたいです。
 
もちろん、地震や自然災害の影響で家が傾いたり、破損した場合は30年保証の対象外です。
その場合は、火災保険・地震保険で対応する必要があります。
 
 

30年保証を受けるために必要なことは何?

長期優良住宅の認定を受けた上で、維持保全計画書に基づいた有料メンテナンスを住友林業の関連会社で行うこと。
 
 
つっこみ君
え、全然30年保証じゃないじゃん。
やっぱり住友林業も他のハウスメーカーと同じで、延長保証をするには、有料でメンテナンスしないといけない、なんちゃって30年保証なの!?
 
びび
んー、そんなことないわよ。条件はあるけど、他社と比べるとずっと良心的な延長保証だと思うわ。
つっこみ君
どういうこと!?
 

良心的な延長保証を受けるために必要な条件

条件1 長期優良住宅の認定を受ける(延長保証が30年になる)

条件2 全ての部位においてLS仕様を用いて建築する(LS素材の屋根や外壁で家を建てる)

条件3 タームガードシステム(白アリ対策)を採用する

 
つっこみ君
この条件を満たすと何か良いことがあるの?
 
びび
あるわよ!
この条件を満たせば、30年間は、建物保証書の下の段の工事をしなくて済むのよ。

【建物保証書】

 
不要になるであろう工事:②外部吹付、塗装工事、③外部シーリング工事、④、⑤その他
 
つっこみ君
確かにびび宅は、「全ての部位においてLS仕様を用いて建築」されているし、「タームガードを採用」しているね。
 
びび
うん。そうなのよ。そうすると30年目までは赤い四角で囲まれたところだけが主要な有料メンテナンスということになるのよ!
 
つっこみ君
うーん。なんだか信じがたいな。本当にそんな良心的な延長保証制度なのかなぁ。裏がありそうだな。
 
びび
まぁ、そんな疑い深くなりなさんなって。論より証拠!びび宅の「維持保全計画書」を公開しちゃうわよ!
 
びび
どうでもいいけど「維持保全計画書」って「人類保管計画」みたいな名前ね!
つっこみ君
さらっと、エヴァネタをぶっ込むんじゃない!
 
【長期優良住宅の維持保全計画書】
 

びび宅の維持保全計画書を見て分かること

①白アリ対策は10年ごとで良い。(10年ごとに10~15万円必要。)

②スレート亙、ルーフィング、破風・鼻隠、軒天、雨樋、サイディング、シーリング、開口部の改修工事は30年ごとで良さそう。

③配管関係は必要に応じて補修が必要。

びび
ちなみに長期優良住宅の認定を受けたから、10年ごとの白アリ対策を必ずやらないといけないのよ!
つっこみ君
そうなんだ!配管関係の補修は状況に応じて必要そうだけど、全体的には、良心的な保証内容と言えそうだね…。
 
つっこみ君
いや、でもまだ他にメンテナンス費用が必要なものがあるんじゃないの?
びび
「点検結果を踏まえ、必要に応じて、調査、修繕又は改良を行う」と書いて有るので、他にも必要に応じて有料メンテナンスが必要になってくる可能性はあるけど、主要なところは、本当に30年保証って感じがするわね。
 

30年目以降はどうなる?

30年目に修繕すれば、修繕部分の保証が延長されるらしい。

具体的に保証が延長される部分

スレート亙、ルーフィング、破風・鼻隠、軒天、雨樋、サイディング、シーリング、開口部
 
※ただし、30年後に大がかりな修繕をしたとしても躯体・基礎部分の保証は延長されないそうです。(アフターさん談)
 
2020年7月時点の住友林業のホームページによれば躯体も最大60年保証に変わったようです。(うらやましい)

 

ちなみに30年目の保証を受けるための積立予定額(修繕費の目安)は?

14,000円/月(税抜き)

168,000円/年(税抜き)

5,040,000円/30年(税抜き)

 
なんと30年目に修繕しようと思うと504万円必要という衝撃的な結果に(笑)
 
つっこみ君
26坪の平屋でこれは、ヤバっ。
びび
あくまで目安だからね!
びび
営業さんに、びび宅の規模で30年目に改修工事しようとしたら、どれぐらい必要か聞いたら、「300万円ぐらい」って言ってたしたぶん大丈夫でしょう。
つっこみ君
急に楽観的になったな。
 
 
良心的な保証を受けるための追加費用
LS30素材の追加費用は?
初めから提案内容に含まれていたので不明。
 
タームガードの追加費用は?
初めから提案内容に含まれていたので不明
 
長期優良住宅の追加費用は?
初めから提案内容に含まれていたので不明。
 
つっこみ君
ちょ、全部不明じゃん!やっぱり住友林業はどんぶり勘定なのか?(笑)
 
 
びび
んー、どうだろ?
聞けば教えてくれたのかもしれないけど、いずれも外すつもりはなかったし、内訳にそこまで興味がなかったから…。

 

LS30素材は30年経過したら一気に効力を失うのか?

答えは否。住友林業の保証期限が過ぎるだけで、30年経過後にLS30の屋根材や、壁材が一気に使い物にならなくなる訳ではありません!
 
びび
あくまで最低30年保証できる良い素材ということみたいよ。
 
 

一条工務店とトヨタホームの修繕費は?

びび
いずれも家づくりの際に検討したハウスメーカーよ。

まずは、通常のハウスメーカーの修繕費は、いくらぐらい必要?

10年ごとに100万円から150万円は、必要と考えておいた方が良いらしいです。
びび
もちろん、ケースバイケースですが、ハウスメーカーで修繕するなら、これぐらいは、必要みたいね!
 

トヨタホーム(鉄骨住宅)のアフターメンテナンス費は?

トヨタホームからもらった書類によれば、15年目に40万円弱(防水シートのはりかえ)、30年目に200万円程度かかるとのことです。(外壁補修、屋根補修費として)
 

鉄骨住宅の方が長くもつ?

木造住宅である住友林業と一条工務店の最長保証年数は30年ですが、鉄骨住宅のトヨタホームは、保証を延長すれば最大60年保証が可能です。
保証延長にはご契約されたトヨタホーム販売店が実施する定期的な点検と適切なメンテナンス・補修が必要となります。
 
びび
基礎・構造体の保証の年数としては、木造住宅よりも有利になりやすいわね
 
トヨタホームの長期保証は、施主のHirokiさんの記事がとても分かりやすい!

 

住友林業の延長保証はどうするつもりか

びび宅の延長保証はいかに?

間違いなく30年目までは、保証を延長します。

むしろ、長期優良住宅を取得しているため、30年目までは、延長保証しなければならないって感じです。
 
 
長期優良住宅を取得すると…

減税が受けられたりしてお得な反面、しっかりメンテナンスすることが義務付けられる。
 

我が家が30年保証を受けるために必要な費用は?(判明分)

・タームガード(白アリ対策費)として10年ごとに10~15万円(必須)

・配管の修繕費用(必要に応じて)

・その他、消耗品の交換費用(恐らく必要)

 
その他に延長保証に必要な費用がもしあれば、このブログで紹介していく予定です。
びび
とりあえず、あと10年待ってね!
つっこみ君
飽きっぽいびびが、10年もブログを続けられるかなぁ。
 

延長保証するには、仕上げ材的なものの補修も必要?

家の耐震性や、構造に影響しないような仕上げ的なものは、修理してもしなくても良いらしいです。(アフターさん談)
 
反対に窓ガラス割れたみたいなのは、雨水が入って家の構造体に悪影響を与える可能性があるので放置することはできません。
 
つっこみ君
窓が割れたまま放置する人はいないでしょ!
びび
そりゃね。あくまで分かりやすい例で例えただけよ。
 

住友林業はアフターメンテナンスに力を入れているのか

大手ハウスメーカーの中でもかなり力を入れているほうだと思います。
長期優良住宅も気付けば取得していたぐらいですし、とりあえず30年間は確実にお世話になりそうです。
 
びび
住友林業となら30年目までは、パートナーとしてやっていけそうだし、行きたいと思うわ!
 

30年後の保証は延長するつもりか

つっこみ君
え、30年後の保証延長は、どうするの?
 
びび
それは、その時の懐事情で考えるわよ!
住友林業の家は、修繕もお高そうなので、資金に余裕がなければ、改修工事をしないかもしれないわ。
 
つっこみ君
長く住みたいならメンテナンスした方が良いと思うけどね。
 

まとめ

住友林業の構造躯体部分の延長保証は最大30年まで

3つの条件を満たせば、30年目までの修繕費用をかなり抑えることが可能。

条件1 長期優良住宅の認定を受ける(延長保証が30年になる)

条件2 全ての部位においてLS仕様を用いて建築する(LS素材の屋根や外壁で家を建てる)

条件3 タームガードシステム(白アリ対策)を採用する

 

30年の保証を受けるために必要な費用は?

・タームガード(白アリ対策費)として10年ごとに10万円(必須)

・配管の修繕費用(必要に応じて)

・その他、消耗品の交換費用(恐らく必要)

 

30年後、大がかりな修繕を行うために必要な費用

・修繕計画上は、504万円(税抜き)

・営業さん談によれば300万円(平屋、26坪)

30年目に修繕すれば、修繕部分の保証が延長される。
 
具体的に保証が延長される部分
スレート亙、ルーフィング、破風・鼻隠、軒天、雨樋、サイディング、シーリング、開口部
※ただし、30年後に大がかりな修繕をしたとしても躯体部分の保証は延長されない。
 

住友林業のアフターメンテナンスは高い?

びび宅の場合、30年目まではそれほど高くなさそう。
10年ごとのタームガード(白アリ対策)の費用として10万円~15万円は必要ですが、それ以外にはそれほど費用がかからなそうです。
びび
30年後、しっかり修繕しようすると高く付きそうな感じはするけどね!
 

住友林業のアフターメンテナンスは信用して大丈夫?

30年目までであれば信用して良さそう
※個人の感想です。
 

もっと住友林業のアフターについて知りたい人へ

役立つ先輩ブロガーさんの記事

びび
住友林業の保証について細かいところまで知ることができるわよ。前編に維持保全計画書も掲載されているので分かりやすいわ!
 
 

LS30仕様(30年メンテフリー)なら基本的に、屋根張り替えとか外壁の再塗装や張り替えは不要とのこと。

コーキングについてもLS30対象だと5年目点検のときの担当の方がおっしゃっていました。驚きです。

ずしおの部屋より

びび
ずしおさんのブログ(アフターサービスの記事)によれば、コーキングもLS30の対象(30年保証)だとのこと!

アフターメンテナンスに過度な期待を寄せるのは禁物

以前より住友林業のアフターメンテナンスが良くなってそうとはいえ、過度な期待は厳禁。
10年後に一体いくらの見積書が出てくるか、分からないので可能な限り修繕費を積み立てて、不測の事態に備えられるようにすると良いと思います。
 
今回の記事はここまで!じゃねー
 
 

東海地方の方へ

わが家を虜にした住友林業の営業さんを紹介できます!

契約しなくてもOKですのでお気軽に連絡してください♪

Twitterインスタグラム問い合わせフォーム

びび
東海地方以外の人でも、紹介特典を受けたい人は言ってねー

2021年2月から家づくりの新ブログコダテルで記事を書いています!

新着記事一覧(コダテル)はこちら
新着記事一覧(びびブログ)はこちら

びびをフォローする

Web内覧会のリンク集

にほんブログ村テーマ WEB内覧会<総合>へ
住友林業のWeb内覧会
Web内覧会*住友林業(ブログ村)
キッチン洗面お風呂(やこさんまとめ)

一条工務店のWeb内覧会
Web内覧会*一条工務店(ブログ村)

みんなのWeb内覧会
みんなのWeb内覧会(さぅさんまとめ)
みんなのWeb内覧会 <総合>(ブログ村)
リビング ダイニング キッチン
トイレ 洗面所 お風呂
玄関 和室 寝室 外構

↓ブログ共有ボタンはこちら↓

4 件のコメント

  • 構造駆体と防水は条件を満たせば30年保証ですが、仕上(見た目)は2年保証。
    確認と注意が必要です。
    構造が、大丈夫でも見た目が汚くなってきたら
    塗替えの必要はありますよね。

    • コメントありがとうございます!
      そうなんですねー!ちょっと注意して見ておきますヾ(^v^)k
      実際の金額は未知な感じなので、実際のところどうなのかは、またブログで報告したいと思います!

  • コメントを残す