住友林業の無垢材のまとめ

住友林業の無垢材のまとめ

住友林業と言えば床材!

簡単に特徴をまとめています。

ウォルナット様 三大銘木

住友林業の床材と言えばコレ!

ちょっと濃いめの茶色の床材です!

格好良さ◎

硬さ ○

欠点 濃いめの色なのでホコリが少し目立つかも…

営業さんの話によれば、住友林業で家を建てる人の半数近くが採用する床材らしいです。

びび
家づくりを始めるまで無垢材に全く興味がなかったけど、ショールームでウォルナットの床材を始めて見たときは、感動したなぁー
びび
ちなみに、先輩ブロガーさんの記事によれば、挽板(ひきいた)のウォルナット(プライムウッド)は、床が凹みやすいらしいですよ。(‘_’)

 

今は既に廃版になっており、採用不可能なダークウォルナットというものがあるのですが、果てしなくカッコ良いです

もし、ダークウォルナットを採用できるのであれば、無垢材の全てのデメリットを無視して、採用してたかも…

ちなみに今もお金を積めばダークウォルナットにすることが可能らしいですよ(。・ω・。)

その代わり、目玉が飛び出るぐらいの費用がかかるらしいですが…

情報源:営業さん

 

チーク 三大銘木

ウォルナットより色が明るめの茶色

チークは、船の材料にも使われる木でもあり、水に強く堅いので床材として非常にGood!

個人的には、一番好きな床材!

木の濃淡もまちまちなので、汚れや傷が目立たなそうな印象です。

住友林業が出版している「自家自賛」に掲載されている家でチークが採用されていることが多いような気がします。

チーク推しだから目が行くだけかな?

 

チークの中でもグレードが高いエクセレントチークは希少性が高く、今後廃版になる可能性があるというようなことが書いてあるブログを見たことがあります。

 

マホガニー 三大銘木

高級感のある赤茶色でカッコイイ

残念な点としては、上記の2銘木に比べると、柔らかく凹みやすいというところ。

アンティーク風の家具と相性が良さそうな印象。

 

チェリー 桜の木

少し赤みがかった茶色の床材です。

なかなかおしゃれです。

びび
日本人として、桜の木に惹かれちゃうのは、分からなくもないわね

 

メイプル カエデの木

通称:もみじの木

肌色に近い色目

びび
明るめの床材なので子どもの部屋にぴったりかも

 

オーク

無印良品でよく使われてる、上品な茶色の木ですね。

 

挽板のオークなぐり(アンティーク・黒っぽい色)を畳の周りに貼り付けると超カッコ良い

その代わり暗めの色なのでホコリが目立ってしまいそう…

国産ナラ材

国産ナラ材もやや白っぽい茶色の木です。

木の節(ふし)の味わいを楽しみたい人におすすめです。

 

記事は以上です。

 

びびは、チーク推しですが、みなさんは、どの床材がお好みですか?

もしよければ、コメント欄で教えてください(o^^o)

 

この記事シェアしちゃう?

コメントを残す