平屋と2階建て。高いのはどっち?

平屋と2階建て。高いのはどっち?

 

家づくりを始める際に、平屋にするか2階建てにするか悩みますよね。

びび宅も、悩みましたが最終的には、住友林業で平屋を建てることにしました。

今回の記事では、坪単価に焦点を当てた記事にしたいと思います。

それでは、お楽しみください♪

 

平屋と2階建て。高いのはどっち?

坪単価で考えたときに高いのは、平屋です。

 

坪単価とは?

家づくりを考えるときに、よく「坪単価」で考えることをします。

坪単価とは、「家を建てたときの金額」を「坪数」で割って「1坪あたり何円」かを出したものです。

金額÷坪数=坪単価(1坪あたりの価格)

 

各メーカーで坪単価を比較するときの注意点

比較するときは、どこまでを含めて坪単価と言っているのか確認する必要があります。

条件を揃えないと比較になりませんので!

各メーカーを比較する際に条件がそろっているか確認が必要な項目例

建物本体の費用、地盤改良費、外構、水道、ガス、電気の引き込み費用、ローンの手続き費用、住宅ローン控除、すまい給付金、土地の費用、消費税が入っているか等

 

平屋の坪単価が高い理由?

例えば、坪数が30坪の平屋と2階建てを考えてみます。

 

平屋の30坪の場合

地盤改良が必要な場合、30坪分の地盤改良費が必要となります。

屋根は、30坪分の屋根の費用が必要となります。

 

2階建ての30坪の場合

(総2階を想定…総2階とは、1階と2階の面積が同じ家のことを言います。)

例)1階15坪、2階15坪の家

地盤改良が必要な場合、15坪分の地盤改良費で済みます。

屋根は15坪分の屋根の費用で済みます。

 

つまり、地盤改良費+屋根の費用分、平屋の方が坪単価が、高くなります。

言うまでもありませんが、建てる際に必要な土地も平屋の方が広い面積が必要となります。

 

びび
ええ!?じゃあ2階建て一択じゃん。

いえ、そんなことありません。

想像してみてください。

どちらも床面積30坪かもしれませんが、2階建ての場合は、階段が必要となります。

階段部分の坪数は、居住空間ではないため、マイナスと言えます。

住友林業の「GRAND LIFE」のカタログによれば約5坪分ぐらいが平屋なら不要になるらしいですよ。

(廊下や階段の部分の合計)

 

まとめ

地盤改良の費用や、屋根分の費用が坪単価に与える影響力は、2階建ては平屋の半分と言えるため、合計坪数が多くなればなるほど、2階建ての方が坪単価が安くなると言えます。

ハウスメーカーによって、得意、不得意があるので、絶対そうかと言われると、断言はできませんが、一般的には、そうなると思います。

 

平屋と2階建てだと多いのは…

ちなみに、世間的に多いのは2階建てです。

びびが、足で稼いだ情報なので確かです!ただ散歩しただけですが←

びびの感じた勝手な印象としては、トヨタホームは2階建て、住友林業は平屋を売りたいという印象でした。

トヨタホームに関して言えば、鉄骨住宅で重量が重いので、地盤が緩いと、地盤改良をしっかりしないといけない→地盤改良が必要な面積が増える平屋はあんまり得意ではないのかなと思ったり…

※勝手なびびの推測です。

 

次回予告

坪単価的には、2階建ての方が安くなりますが、もっと大事な事があります。

平屋と2階建てを選択する際に考える必要がある大事な視点について、次の記事で書きたいと思います。

【追加記事 住み心地が良い家とは?】

住み心地が良い家とは?平屋と2階建ての考察編

この記事シェアしちゃう?

コメントを残す