最高におしゃれな家にするコツ。住友林業直伝

住友林業の一級建築士さん直伝!最高におしゃれな家にするコツ! 

あなたも、おしゃれハウスを目指してみませんか?

住友林業の設計士さんに聞いたおしゃれな家にするコツを、私の読者の方、限定で教えちゃいます!

最終的には、イメージと違う結論の記事になるかもですが、お楽しみください!

 

その1 窓の高さを揃える

家づくりをするまで考えたことがなかったポイントです!

住友林業では、わりと、窓の高さを揃えるというのを意識しているようです。

住友林業としっかりとした打ち合わせに入るためには、5万円払う必要があるのですが…

びびが読んだ事があるブロガーさんの記事には、「窓の高さを揃えるというポイントに気付けただけで、5万円を支払った価値はある」と書いてありました。その方は、結局、他のハウスメーカーで建てたようですが、情報料として支払った5万円に満足しているようでした。

つまり、窓の高さを揃えるという情報には、5万円の価値があるということですね(笑)

冗談はさておき、自宅の周りを散歩していても、やっぱり、窓の高さが揃っている家の方が、なんだかおしゃれだなぁっと感じます。

 

その2 床材を統一する

住友林業は、色々な床材から選べるので、どうせなら世界三大銘木のウォルナット、チーク、マホガニー、3種類とも使いたいと思っていました。

色々楽しめた方がお得な気がするし…

ところが、設計士さんに止められました(;゜ロ゜)

統一感がなくなるから止めておいた方がいいとのこと。

相談前の床材のイメージ

相談前のびびのイメージ

玄関のポーチをマホガニー(赤茶色)の無垢材

廊下は安い床材

ダイニングと、キッチンは、水に強いサニタリーフロア(水に強いフローリング?だったかな。)

リビングはウォルナットの無垢材

まー、設計士さんに、統一感がないからという理由で、止められたのでボツになりましたが(笑)

相談後の床材

相談後の床材

玄関、廊下、リビング、ダイニングを挽板のチーク

キッチンはサニタリーフロアのチーク

だいぶすっきりしましたね。

なんでも、床材に統一関があった方が家全体が広く感じることができるそうですヨ!(*´ー`*)

ダイニングテーブルや、ソファーに統一感を持たせればもっとおしゃれになりそうです(*^^*)

 

その3 壁紙をカラフルにすれば良いというものではない!

カラフルな色にすればオシャレだと思っていたのですが、そうでもないようで、やはり統一感というものを大事にすると良いらしいです。

モダンな和室にしたかったので、コバルトブルーの壁紙にしようかと思っていましたが、

設計士さん、インテリアコーディネーターさんにやんわりと止められました(笑)

失敗しても変更が容易なカーテンでやるよう提案されました。

結局、カーテンも無難な感じにする代わりに、セキスイの置き畳みで挑戦的な色を選択したので満足しています。

セキスイ畳についての記事はこちらからどうぞ

人に自慢できる家にする方法 【新三種の神器】

 

びび宅では、最終的に、部屋の壁紙も統一感を持たせることにしました。

膨張効果を狙って広く見せるために、ほとんどの部屋の壁紙を白色にしています。

 

まとめ

おしゃれな家とは、統一感に始まり、統一感に終わるということですね。

※諸説あります

 

奇抜で、個性的な家も憧れるけど、最終的には、統一感を重視した家にすることに決めました。

長く住む家なので、飽きがこないのが一番かなぁと思ったり!

 

みなさまの家づくりの参考になれば幸いです。

それでは、チャオ♪

この記事シェアしちゃう?

2 件のコメント

  • あ。そのバナー、私がブログ村に置き去りにしたやつです!使ってくれて嬉しい!(・∀・)
    とかなんとか書きましたが、チェンジしてくださっても全然かまいませんのでー!(´∀`)笑
    ブログ快調ですね!よかったよかったー!(´∀`)

    • ごんざさんのバナーだったんですね!
      「カワイイし、こんなの絶対押したくなるじゃん!」って思って、使わせてもらっています(>_<)すいません! 今のところ、順調です。 勢いを継続していけるようにがんばります(*^_^*)

  • コメントを残す